沖縄観光フォーラム'95:パネルディスカッション 
TOP >> SEMINAR >> 観光フォーラム >> 沖縄観光フォーラム・パネルディスカッション

観光客は何を望んでいるのか……Page:>>>>>6>

司 会  さて、前半ではそれぞれのパネリストの方々からご意見や参考事例を伺い、沖縄本来の魅力なり、沖縄観光の今後のあり方を探ってまいりました。その中で一つの焦点として、「沖縄の固有性に対するこだわり」というものが浮かび上がってきたのではないかと思われます。冒頭、大城さんからは県の観光施策の現状・課題についてご発言いただきましたが、地域特性という点でもう少し具体的な内容をお話し願いますでしょうか。
■観光施策の整備を「点」から「面」へ

大 城  沖縄県の観光施策には総花的な面があるのは否めませんが、地域特性にこだわりをもった整備という点で一定の方向性が出てきているのではないかと思います。
  海洋療法を加味したヘルシーリゾートの検討やスポーツ・コンベンションの誘致活動などは沖縄の地理的な利点を生かした施策の例でありますし、現在推進中のコンベンション・シティづくりにおいても、沖縄らしい町並みやガーデンシティを取り入れた風格ある都市づくりが重要な柱となっています。また、イベントについては「海のカーニバル」「花のカーニバル」「サントピア沖縄」さらに現在開催中の「大琉球・まつり王国」を加え、4大イベントとなっていますが、これらも文化的要素を含め地域特性を生かしながら、沖縄を通年型リゾートとして形成していくための施策に他なりません。今後は、こうした各施策を推進するにあたって、これまで「点」として開発が進められてきた部分をいかに「面」として整備していくかということが非常に重要になってくるのだと考えています。
  一方、せっかくの機会ですので宿泊産業に働く皆様にも申し上げておきたいことがあります。まず、コンベンション・シティを作り上げていく上で、ホテルのゾーン形成とネットワークづくりに心掛けて頂きたいということ。そして、ハード・ソフト両面で沖縄カラーをどう演出するかといったことに皆さんも真剣に取り組んでいただきたいということです。私自身も式典やパーティーに出席する際、沖縄のホテルでありながら装飾やBGMなどでどうして沖縄のものを利用しないのかなと感じることがよくあります。また、これは私どもコンベンション・ビューローからのお願いになりますが、現在ホテルにおけるコンベンション対応面での強化を図るため、県外のホテルでコンベンション・マネージャーを設置しているところでありますが、県内のホテルにおいても是非設置のご検討方について、皆様のご協力とご理解をいただきたいと思っております。

司 会  地域特性を発揮するためのソフト面でのご指摘もいただきましたが、先程外間さんからも産業労働者への沖縄の文化・歴史やホスピタリティに関する教育プログラムについてご発言がありました。この点についてはどうでしょう。
■オン・ザ・ジョブ・トレーニングのなかで地元をどう意識させるか

小 濱  観光産業における人材育成には、客観的な評価基準について考えにくい状況があります。私も人材を供給する立場にあるわけですが、どのような人材が優秀かといった点については、業界からのフィードバックで判断せざるを得ないというのが実態です。そういった中で、沖縄観光をワンパターン化させないためには、オン・ザ・ジョブ・トレーニングの中で自分たちの地元をどう意識させるかということが重要だと考えています。送客側も受入側も、沖縄という商品に対する理解度、或いはこだわりが欠如しているのではないでしょうか。せちがない世の中ですから、一人でも多くの送客、或いは一人でも多くの受入で利益を得るということが先行しすぎて、その商品が持っている意味だとか、その商品で沖縄に来た人たちに何を伝えたいのかといったこだわりの部分が抜けてしまっている気がします。また、先程外間さんから地元のことが説明できないというジレンマについてご報告がありましたが、少し大局的な見地から、教育機関と行政とが一緒になって民間の人たちと話し合わねばならないテーマなのかなと感じました。
■「平和ガイド」に見る、新たな観光の可能性

新 城  沖縄の人が沖縄のことを知らないというのは、別にホテルマンの方々だけでなく、沖縄県民の特徴であるような気がします。これは教育問題だけでなく、明治以後、沖縄がヤマトに入っての近代化の中で琉球というものをいかに押さえつけるかといったことや皇民化教育の成果であったり、非常に複雑な背景があるので、なかなか難しい課題であると思います。
  最近、那覇市が平和振興室というセクションで、平和を基軸とした町づくりというコンセプトにて、30歳以下の市職員を対象に、「平和ガイドの育成」という新たな試みを開始しました。「平和ガイド」ということですから、沖縄の戦後から置かれている状況を詳しく説明できるように、まず戦跡や壕巡りをするのですが、平和とか戦争だけを突出したかたちで教えるだけでは不十分ということで、その背後にある生活や文化全体を含めた講座内容になっているのが特徴です。修学旅行等の観光団を誘致するための那覇市としてのメリットづけが目的のようですが、とても興味深い試みだと思います。
  那覇市の仕事ということでご紹介しましたが、このような試みは、今後の観光ガイド業や観光産業に働く人たちにとっても新たな可能性として捉えることができるのではないでしょうか。自分たちのことを自分たちが知らないというのは不幸なことですが、ゼロからのスタートということを考えると、新しい大きな文化の見せ方が観光の面からも出てくる可能性はあるのではないかと思います。
NEXT >>