楽しくわかるニッポン通訳案内--No.14 (和訳バージョン)
TOP >> SQUARE >> ニッポン案内


中山 幸男
[profile]


  外国人の観光客を連れて神社やお寺を回っていると、両方がごちゃごちゃになってしまう客がけっこう多い。そういう場合、見分け方のコツとして、

 If you find a shrine gate called "torii," you're at a shrine.
 (和 訳)

 のように神社のシンボル、鳥居の存在を伝えるのがわかってもらいやすい。汚れから守るためにしめ縄(sacred straw rope)が張られているのも特徴として挙げられる。

 The gate consisting of two pillars joined by two crossbeams marks the entrance to a sacred area.
 (和 訳)

 と基本となる形はどの鳥居もよく似ている。
 一方、お寺の門はといえば、屋根が付いていて、仁王(guardian gods of Buddhism)の像が門の両脇に安置されている。

 This fierce-looking duo stands guard at the temple gate to see that nothing evil enters.
 (和 訳)

  などと付け加えててもいいだろう。
  神社でよく見かけるものとしては、狛犬
(guardian dogs)や絵馬(prayer tablet)もある。(注:例外的に絵馬が納められている寺院もあります)

 Believers write a wish on the back of the tablet, and hang it at the shrine.
 (和 訳)

 のように言って、家内安全や合格祈願、それに結婚願望など日本語で書いてあることを、外国人客のために英訳してあげると、なるほど、そんなふうに神様に祈ったりしているのかということになる。
 逆に五重の塔(five-storied pagoda)などはお寺に属する建造物だ。

 Pagodas were originally built to enshrine the holy relics of Buddha.
 (和 訳)

  のように言ったあと、

 The five-storied pagoda refers to the five essential elements of the universe: water,space, earth, wind and fire.
 (和 訳)

  のように説明している。ちなみに70年代に活躍したソウルグループの元祖「アース・ウィンド・アンド・ファイア」の名前はここから取ったものといわれている。



   神社にもお寺でも目にする「手水舎」はwashstand、「賽銭箱」はoffering boxとか、offertory boxと言うといいだろう。
  参拝の仕方で違うのは、神社では拝む前に手を叩くのに、お寺ではただ手を合わせるだけだ。これは、お寺には仏像があるが、神社にはそうした像がなく、神を呼び出す必要があるから。そこで、かしわ手を打つ習慣については、

 It's to get the gods' attention.
 (和 訳)

  のように理由を述べておく。
  外国人にも人気のおみくじ
(written oracle)は、日光の東照宮や奈良の春日大社のように英文のものもあるが、たいていは和文のままなので翻訳に忙しくなる。旅行、金運、待ち人、失せ物、縁談といった具合に、小さな紙にありとあらゆることが書いてある。困るのは「旅立ち悪し」と出ているときだ。こんなとき、私はよく、

 Traveling may bring you a lot of surprises.
 (和 訳)

  のようにちょっとひねりを加えて訳すようにしている。You'll have a bad trip.などとは、とても面と向かって言えないので……。
  ちなみに、「大吉」は
great fortune、「中吉」はgood fortune、「末吉」はgood fortune in future、そして「凶」はbad fortune、「大凶」はgreat misfortuneといった具合になる。おみくじが木の枝にたくさん結んであると、必ず「あれは何だ?」と聞かれる。

 People who draw the bad fortune tie the oracle slip to a tree. Nobody wants to take the bad luck home.
 (和 訳)

  と答えるといいだろう。


 時間があるときは、お墓のある場所に連れて行って説明してあげることがある。いわく、

 This place is the most silent zone of the city.
 (和 訳)


  なんて言いながら……。お墓をコースに入れると意外に喜ばれるものだ。
  つい先日もアメリカ人の女性客を谷中墓地に連れて行った。当墓地は青山墓地と雑司ヶ谷墓地と並ぶ東京の三大墓地の1つになっているので、あまりの広さにびっくりしていた。徳川15代将軍慶喜の墓前では、last shogunというふうに紹介をするとインパクトがある。これも映画「ラスト・サムライ」がヒットしたおかげである。

  ところで、墓地を見物していて、よく聞かれるのは「日本は火葬(cremation)か、土葬(burial)か?」というもの。これは別に墓地に行っていなくても、かなり頻繁に聞かれる。統計によると、

 More than 95% of the people in Japan adhere to cremation, which is the highest in the world.
 (和 訳)

  となる。土地の狭い都会では、墓地の値段が数百万円もすることがあって、新規に購入するのはなかなか大変だ。そこで、

 Obtaining a crematory plot requires a lot of money. Thus you can't easily die in Japan. Now you know why Japanese live so long!
 (和 訳)

  と墓地の話では、このようなオチを付けて、外国人の笑いを誘ったりしている。