12月5日は、聖ニコラウス(サンタクロースと同一人物だと思います、、、)の日で、ニコラウスが子どものいる家々をプレゼント(くるみ、オレンジ、りんごが昔ながらのプレゼントです)を配って回ります。そのお付きの人が、このナマハゲみたいな“クランポス”。
 良い子はニコラウスからプレゼントをもらえますが、悪い子はクランポスから鞭をお見舞いされる、というのでみんなドキドキしてこの日を迎えます。
 写真の彼はお隣の子で、あまり迫力のない仮装ですが、去年ニコラウスが連れてきた2人のクランポスは迫力満点!
 ちなみに我が家では、クランポスは外でお待ちいただきます。そうでもしないと、娘はこわがってニコラウスの質問に答えられないんです。外で腰につけたカウベルをジャラジャラ鳴らされただけでも、体がこわばってしまい、返答できないどころか、質問の耳に入らないほどなんです。